info_top
お役立ち情報

シミの構造

シミは一般的にいくつかの層で構成されます。




外側から順番に、

①油の層
②アルカリ性のシミの層
③酸性のシミの層
④タンパク質のシミの層
⑤色素のシミの層

と、だいたいこんな感じです。
しみ抜き作業はそとがわから順番にシミを除去していきます。順番を間違えると簡単に取れるシミも取れなくなってしまうこともあります。

市販のしみ抜き剤でお客様に処理されてしまうとこの順番がくるってしまうことがあるので、当店ではあまりいじらずになるべく早くお持ちいただくようにお願いしています。


また、付いたばかりのシミはシミ自体を除去すればよいのですが、時間がたってしまうと生地の染色を侵してしまうので、シミを除去しても元の生地の色には戻らなくなってしまうことがあります。なるべく早く信頼できるクリーニング店へお持ちください。


さらに、ハイターなどの塩素系漂白剤などをつけてしまうと、生地が脆化して(もろくなって)穴が開いてしまうこともあるので、あまり自己流でいじらないほうがいいと思います。



Home 

under_menu

Page Top


main

この改行が大事だったりする→
main_box