info_top
お役立ち情報

シミをつけてしまったときは・・・

もし、お気に入りの衣類に食べ物等のシミをつけてしまったときは、あわてず騒がず乾いたハンカチかちり紙などで軽くたたいてふき取りましょう。そしてなるべく早く信頼できるクリーニング店へお持ちください。

水(濡れふきん)でこすったり、市販のしみ抜き剤で処理するのはなるべく避けましょう。生地が荒れたり、水分によってシミが繊維の奥に入り込んで、簡単に取れるシミも取れなくなってしまうことがあります。

シミを抜くには多かれ少なかれ生地を傷めます。お気に入りの衣類にはなるべくシミを付けないようにするほうがいいと思います。そのためには市販の防水スプレーを胸の前だけでもかけておくことをお勧めします。

防水スプレーは水をはじくだけでなく、食べこぼした汁などもはじくので、余計なシミが付くのを予防します。


クリーニングのプロが衣服のシミの対処法と予防法をご伝授いたします

大切な洋服にうっかり食べ物や飲み物をこぼしてしまったり、インクなどが付着するといったトラブルはある時突然起きるものです。シミがついて困ってしまった時は、当店のお役立ち情報をご活用下さい。緊急を要する場合は、新小岩の当店にすぐにご連絡下さい。
大切な衣服のシミを綺麗に落とすためには、やはりプロのクリーニング屋に任せるのが一番です。シミ1つにしても種類があり、水性なのか油性なのか、どんな成分が付着したのかで取り方や使う溶剤の種類も変わってくるからです。
知らずにご家庭にある洗剤をそのまま使用してしまうと、余計にシミが落ちにくくなります。お気に入りの衣類だとショックも大きいでしょう。そんな時は、迷わず早めに新小岩の当店に持ち込んでください。

Home 

under_menu

Page Top


main

この改行が大事だったりする→
main_box